■□■→ ユーロドルで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


各インジケーターを一つずつ設定する方法

何かのパラメーターを変える時など容易にできるので、一度お試しください。

また、ラインブレイクのインジケーター(自動、手動)もこの順序で出すと、不具合を解消できます。

パラメーターなど変更した場合、テンプレート保存する習慣を付けると後で楽です。

各パラメーター数値は、インジケーターを送った際のメールをご確認ください。



新規ファイルを選択します。
b.jpg

次にbrakeを選択します。
b1a.jpg

左上に文字列が表示されればOKです。
b2a.jpg

プライスメーター(PriceMeter)を選択します。
現値の下の時間は、そのロウソク足が確定する残り時間です。

b10.jpg

ZigZagを選択します。
b3a.jpg

ZigZagのパラメーターを手動入力します。
入力欄でダブルクリックで入力可能になります。
色の設定で任意の色を選択します。(白など)

b4.jpg

平均足を選択します。
b5.jpg

平均足のパラメーターを手動で入力します。
入力欄でダブルクリックで入力可能になります。

b6.jpg

VQを選択します。
b7.jpg

パラメーターを手動で入力します。
b8.jpg

テンプレート保存します。
b9.jpg

テンプレート名は任意の名前でも、既存のテンプレートに上書き保存してもかまいません。



FX人気ブログランキング← 参考になりましたら、クリックお願いします。


kitakatas.gif
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

にほんブログ村 為替日記← 参考になりましたら、クリックお願いします。

FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。