■□■→ ユーロドルで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------
最新ラインブレイクツール バージョンアップ(ver3)のご案内

既に最新ラインブレイクツール(ver3)をお持ちの方には随時メールでお送りします。

まだ登録していない方はご登録お願いします。

振り込んだ時のお名前、メールアドレスを記載してください。

https://39auto.biz/fxkuma55/touroku/entryform3.htm

※登録は1回だけお願いします。

-----------------------------------------------------
ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
http://fxtrader.main.jp/break.pdf

左クリックで対象を保存を選択してください。
-----------------------------------------------------
にほんブログ村 為替日記← いつもありがとうございます。クリックお願いします。


pa.jpg

最新のラインブレイクツールを使っている方のチャート画面をご紹介します。



使用しているシステムファイル

MurakamiSystem ver 3 Mail and Alert



表示しているインジケーター

ZigZag

平均足

パラボリック

Pivot

以上です。


FXデイトレ、スキャルピングで月間800pips以上確保している方は、貪欲です。



何に貪欲か?



取るためのエントリー回数に貪欲なんです。



具体的には、買い継続中にどこで再度買いを入れたらいいか?



売り継続中にどこで再度売りを入れたらいいか?



その判断のために、一番効率の良い「指標」は何か?



指標(テクニカル分析)は、どれを選ぶかで大きな差が付きます。



ストキャスなどオシレーター系でスキャルピングをしている人は勝てません。



信頼度が高く、スキャルピングで使えるテクニカルはパラボリックです。



上図はデイトレ用の表示になっていますが、スキャルピングの場合は、必要なものはラインブレイクツールとパラボリックです。


パラボリックは、値の上に来た時は売り(下降)、値の下に来た時は買い(上昇)を表します。


そして最も重要なのは、仮に5分足チャートでトレードするのであれば、パラボリックは15分を表示させる、ということです。


※上図の場合も5分足チャートに15分のパラボリックを表示しています。



ラインブレイクツールは、スキャルピングなので自動でなくても、手動でラインが引けるbrakeのインジケーターでもOKです。



パラボリックでもう一つ重要な点があります。


それは、「買い(上昇)⇔売り(下降)」の転換時にアラートが鳴ることです。




ラインブレイク時のアラート、パラボリックのアラート、この二つが重要です。



この二つがあれば勝てるのか?



スキャルピングはそんなに甘くはありません。




この二つのツールを使って、本番さながらの練習が必要です。


通常のデモ取引ではスキャルピングの練習はできません。



スキャルピングで成功している人は2種類しかいません。


一つは特殊な能力を持っている。


もしくは、スキャルピングマスターのためのリアルな練習をする。



このいずれかです。



特殊な能力を持っていなくても「練習」をすればマスターできます。



スキャルピングは単にやり方(ルール)だけを理解しても、絶対にうまくいきません。


しかし、実践さながらにリアルな練習を積むことで、誰でもできるようになります。


そのためには短期間に集中して練習する必要があります。



この練習方法は次回ご紹介します。




FX人気ブログランキング← 参考になりましたら、クリックお願いします。


-----------------------------------------------------
よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。

個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。

システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。

システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。

最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


-----------------------------------------------------
FXCMUK以外のMT4チャートは、ODL、FXPro、TradingPointなどでもけっこうです。
http://www.fxcm.co.jp/support/new_mt4.html

  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。