FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXは方向性が出る時が勝ちやすい

■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------

方向性(トレンド)が出た時、値が伸びた時、最も利益を取りやすいものです。


ということは、方向性、トレンド、これを初期段階から把握することが前提です。


もちろん途中参戦でもいいのですが、トレンドが続いている。という根拠が必要です。


例えばデイトレで1回のエントリーで50pips以上狙うのは、現時的ではありません。


何故なら、50以上の利食いは、持ち越しが必要な場合が多々あるからです。


通常のスキャル 8~12pipsのボックス幅からの、その範囲内の利食いが現実的です。

理由はスプレッドを差し引かなければならないからです。


デイトレであっても、15~30を当日間に狙うのが現実的です。


これらの利食いのために、必要なことは、時間足の方向性(エントリー対象)に合わせることが最も安全で、利確率が安定していると言えます。


講習ではzigzagのパラメーターは最小値です。


それでも、追いつかないロウソクもあります。


まず、基本中の基本ですが、


ZigZagの山はロウソクの陽線、陰線の並びです。つまりレジです。


ZigZagの谷はロウソクの陰線、陽線の並びです。つまりサポです。



相場の値動きは、レジのクリアで上昇、サポのクリアで下降です。




負けたり勝ったり、最終マイナス、という方は、


このレジサポがわかっていないのではないでしょうか?


それでは、単に期待感だけで伸ばしたり、強いロウソクの動きにビビって手仕舞い。


そんなことしてませんか?



値動きはレジサポが決めるということ。


大き目のトレンドを作る時は、4時間、日足のレジサポ割れであること。


分足のレジサポはボックスであり、そのボックス幅以上の利幅は狙ってはいけないこと。



ニュース程度でしか投資を知らない方は、投資をする人を良く思いません。


楽して儲けて、、、暴落で大損ニュースでは笑っているのが現実です。


投資は楽でもなく、やれば儲かるものではありません。


自分の弱さ、もろさが、嫌というほど出る戦いです。


人は悪い記憶は忘れようとします。


悪い記憶=負けた記憶です。


FXで生計を立てるために、知識、経験を必死に積み上げようとする方が大勢います。


残念ながら知識、経験で勝てるほど甘くないのも投資です。


今日は休み前なので遅い時間までトレードをしています。


理由は前半大きく下げたからです。


午前4時です。反転中です。(ユーロドル)


なぜ、どこから反転したのかわかりますか?



これがわからなければ、それは投資ではなくギャンブル、または勉強不足としか言えません。

426e.jpg

これはユーロ円15分足です。


何故反転してきたか、ではありません。(ファンダ要素は入れません)


どのロウソクの順で反転しましたか?


明確にはっきりとポイント示さない方は、正直、勝てないです。



原点がわからないと、本当にやればやるほどマイナスが積もるので気をつけてください。


FXDDはMT4でお勧めのブローカーですが、ペッパーストンというブローカーは、MT4チャートでありながら、スプレッドが狭いので、小資金でスキャルに挑戦する方には超お勧めです。


■ペッパーストン口座開設(MT4対応)スプレッドが狭いのでスキャル向けです。

pp.jpg


迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------------
よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
http://fxtrader.main.jp/break.pdf

※左クリックで対象を保存を選択してください。



■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


-----------------------------------------------------
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。