エントリーの注意点

■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------
買いの場合、レジが基準ですが、それに対するストップ、利食い目安にもなるサポートラインの確認が極めて重要です。

レジとサポは必ずセットです。

エントリーだけを気にすると、エントリー後にボックスが広かったことに気付きます。

ボックスが広い状態ではもみ合うことが多いので、分足でボックスを狭くするレジサポを確認しなければなりません。


そのボックス幅はエントリーのレジサポの確認とほぼ同時にすることが基本です。


スキャルメインの方がボックス幅20pipsであればそのままではリスクが高いということです。


ストップ幅をリアルに自身に当てはめた時、ストレスになるような幅であれば見送ることが重要です。


特にスキャルメインの方が、無理に20pips以上のボックスでエントリーしても大きなストレスになれば、それは継続できるルールではない、ということになります。

5分足を見て、スキャルなのかデイトレ用の幅なのか、シンプルですが、明確な振り分けをしなければなりません。


これはエントリーの基本なので、守っている方が多いのですが、トレード時間が限られている方は、見た時のチャートでエントリーしたくなる願望が強い時にレジサポだけで入ってしまう癖は必ず修正して、レジサポセットの確認、そのレジサポのボックス幅の確認。


これは必須事項になります。


FXDDはMT4でお勧めのブローカーですが、ペッパーストンというブローカーは、MT4チャートでありながら、スプレッドが狭いので、小資金でスキャルに挑戦する方には超お勧めです。


■ペッパーストン口座開設(MT4対応)スプレッドが狭いのでスキャル向けです。

pp.jpg


迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------------
よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
http://fxtrader.main.jp/break.pdf

※左クリックで対象を保存を選択してください。



■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


-----------------------------------------------------
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。