FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ったり負けたりの内容が重要です。

■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------
勝ち方にもいろいろあるのですが、勝ったり負けたり、の中で、どう勝てたか、どう負けたか?

それが曖昧では、そこから抜け出すことは難しいのが相場です。


これは一例ですが、

ブレイクの大小はありますが、押し目買いや戻り売りが連続するような時は、極端に誰にでも取れます。

負ける場面がもみ合いであれば、その対応ができなければ、いつまでも勝ったり負けたりが続きます。


もみ合いの始まりを判断するのは、「押し目買いの崩れ」「戻り売りの崩れ」ここからです。

崩れたことがわからなければ、買えば上がる、売れば下がるの動きにやられます。


押し目買いが崩れても、次の戻り売りは完成することもあります。

戻り売りが崩れても、次の押し目買いは完成することもあります。


急反発やV字回復の動きがそれに当てはまります。


押し目買いが崩れれば、いったん上げ止まり、を優先します。

戻り売りが崩れれば、いったん下げ止まり、を優先します。

優先するとは、もみ合いになる可能性を意識するということです。


押し目買いが崩れ、次の戻り売りも崩れれば、もみ合い確定です。


これらの具体的な形がわからなければ、もみ合い前半で熱くなって何度も売買して傷を広げる、というパターンに陥ります。


前回ご紹介した2時間足は信頼度の高いレジサポを作ってきます。

デイトレやスキャル用には目先の方向性が見やすい30分や1時間足のレジサポを見ます。


更にエントリーを増やしたい、スキャルとしてボックス幅を狭くしたい、という場合は、15分足、5分足で最終確認をします。

15分や5分はエントリー回数も増えますが、もみ合いも数多く挟んできます。


それに対して基本ルール通りに対応できれば利益は自然に残ります。


もみ合い判断、対応、それができなければ、いい結果は残せません。


押し目買い(戻り売り)が連続3回続いた後はもみ合いの可能性を優先して、時間経過とレンジ確認後から具体的なエントリーを探る。という流れ。


受講者の方はお分かりのはずですが、わからない方は、上記の流れだけでも意識するともみ合い回避につながるので参考にしてください。


次回ももみ合いに関してご紹介します。










FXDDはMT4でお勧めのブローカーですが、ペッパーストンというブローカーは、MT4チャートでありながら、スプレッドが狭いので、小資金でスキャルに挑戦する方には超お勧めです。


■ペッパーストン口座開設(MT4対応)スプレッドが狭いのでスキャル向けです。

pp.jpg


迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------------
よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
http://fxtrader.main.jp/break.pdf

※左クリックで対象を保存を選択してください。



■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


-----------------------------------------------------
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。