収縮からのブレイク

■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------

ユーロドル 15分
624edaaa.jpg

収縮からのブレイクは、一方向だけにブレイクするのではなく、いったん、逆方向にフェイントブレイクすることがよくあることを意識しなければなりません。


デイトレとしてチャンスでもあり、また、そのチャンスをものにするためには、フェイントにを事前に想定しなければならない、ということです。


画像のように、まず上に飛び出しました。


ここで一気に上昇トレンドを作る、と考えると必ず失敗します。


そうではなく、まずはその時のボックス幅だけを利食いするのが鉄則です。


そして持ったポジションにこだわることも失敗につながります。


負けてる人と同じことは絶対にしてはいけません。


買いが終わった後は、次の売りポイントが明確です。


それに付いていくだけの話なので、そのポジションに特別な思い入れは厳禁です。


買い(陽線)が伸びず、長い陰線が伸びてきた、、、関係ありません。


それが売りを入れるタイミングではありません。


慣れるまで、頭の中ではわかってても、、、実行できないのが人間です。


しかし、それをしなければ勝つことはできません。


冷静に次の売り場を確認する。


これがスキャルです。


好みでテクニカル分析を入れるのは自由です。


しかし、ロウソクルールに関しては、ロウソクだけで十分な判断が容易にできるので、まずはここは抑えてください。

本当にトレードスタイル、利益が激変しますので。



迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------------
よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
http://fxtrader.main.jp/break.pdf

※左クリックで対象を保存を選択してください。



■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


-----------------------------------------------------
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。12.