新インジケーターの件 各時間足の抵抗ライン自動表示

■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------

東京の直接講習は7月22日~となります。

すぐに埋まってしまい申し訳ありませんが、早めの正式予約をお勧めします。


株や先物などで10年20年選手の方々も、ロウソクルールを学びに来られます。


毎月、利益を出しながら、それでも受講されるのは、「長年やってても枚数を増やすことがどうしても自信が持てないから」


という理由です。


ロウソクルールは全てにルールを用いることができるので、明確さではどのルールより優れています。


言い換えると、このルールで確認モレ、修正ができない、、、、


という方は、相場には不向きと言わざるをえません。


それほど、ロウソクルールとは正直でごまかしが効かないからです。


そんなロウソクトレードで、「長い時間軸のレジサポを分足で自動で表示できませんか?」


というリクエストが大変多いです。


30分、60分、4時間、日足のレジサポラインを、5分チャートに自動で表示できれば、後は、5分足でのN字抜けを確認するだけになるからです。


そしてもう一つ。


複数の時間軸のレジサポラインを引いている実践者の方は、「もみ合い時は、各ラインが密集してくるのでもみ合い、レンジがわかりやすい。」


とよく聞きます。


このインジが大変複雑で部分的に外注に出しながら、7月中旬までには完成します。


確実に完成します。


受講者の多くの方が、「これがあれば、後は5分足で待ち構えるだけでいい。」


と待ち望んでいました。


長い時間軸の抵抗ラインを自動で常に確認できる強みは、誰もが思うことです。


もみ合いは、短い分足でN字が崩れるのをきっかけに、各足の抵抗が密集することで、持ち合いになる。


ということがよくわかるものです。


そして、その持合いから抜ける時、、、、、、それがブレイクです。


手を出さない方がいい状況、飛び出してブレイクから押し目(戻り)を狙える場面が見やすくなります。


ロウソクルールとセットで見てもらうと効果絶大です。


長い間、お待ちいただき誠にすみません。


ブログ更新が遅れがちでしたが、リクエストがダントツで多かったインジ制作に大変、時間がかかりました。


また、あらためてご案内いたします。


どうぞよろしくお願いします。


bk-3.jpg


bk-4.jpg

bk-5.jpg


迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------------
よくご質問いただく内容です。下記から復習してください。

ラインブレイクマニュアル(手動でラインの引き方)
http://fxtrader.main.jp/break.pdf

※左クリックで対象を保存を選択してください。



■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


-----------------------------------------------------
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m

FXニュースフラッシュ← FXを学びたい方の情報が満載です。12.