新しい縦軸追従インジ !t-line 新

■□■→ FXで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□売買サインツール、ルール、マニュアルの全ての詳細をご紹介します。
■まずはマニュアルをお読みください。


-----------------------------------------------------
いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

スカイプ、直講習受講者の方は、ご登録お願いします。
お名前はフルネームでお願いします。

メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

 


※既に登録済みの方は、登録できませんが、随時ご案内するのでご安心ください。

------------------------------------------------------------------

すみません、毎日、更新はできていませんが、
できる限り短サイクルで更新しますので、ぜひご登録お願いします。



先日お知らせした下記のインジケーターですが、基準の足のペアができるたびに自動で3本目に縦軸を引き、それと同じ位置に下位の足の縦軸も追従する仕様を追加します。

下位の足でも、基準の足のペア確定に応じて自動で追従するので、常に最新のターゲットポイントを見ることができます。

まだ未完成ですが、完成後は、ぜひご活用ください。



2018tt.jpg

!t-lineというインジを選択し、基準の足ではtrueにします。

下位のチャートにはfalseに設定します。

例えば、30分ではtrue、15分、5分ではfalseです。

30分の縦軸を手動で移動すると、それに追従して自動で15分、5分でも30分と同位置に縦軸が移動します。


5分足を見ているだけでも、30分の新ペアができたタイミングが縦軸で確認することができ、エントリーターゲットポイントに対して、N字確認するだけで済みます。


図は、5分、2分、1分を並べています。

スキャル用ですね。


こういう使い方もできるので、参考にしてください。


メールやスカイプのご相談で、ルール外のご相談は、すみませんが、お答えできません。


ルールをわかってても破ってしまいますが、どうすればいいでしょうか?


本当にすみませんが、これもお答えできません。


本気であればルールは守れます。


守れるルール内容です。



守れないのは信じていないからです。


信じるところまで検証デモをしていないからです。


信じて、検証デモをしている方は、枚数を増やす段取りのご相談メールに特化しています。


勝ち組と負け組みの差が出る場面です。


同じ人間なので、できないはずはありません。


単にメンタルの弱さ、ということで済まさず、弱いご自身と真剣に向き合ってください。


そして、簡単なメモでいいので、バツエントリーの発生率を確認してください。


それがわかるだけで、次の対策は明白です。


それがわからないから、堂々巡りをしているのです。


このブログは、トレード内容の概要は公開しています。


熱心な方はプリントアウトしながら受講されます。


流し読みの方は、楽して儲けようというジャンルの方なので、受講はご遠慮ください。


本気で取り組み、真剣にルールに向き合おうと思っている方のみ、受講により専業を目指してください。


崩れを確認して、それでもポジションを取って行く、、、、、バツエントリーです。


やっていることがバツなのか、△なのか、◎なのか、せめて、それくらいは把握してください。


私どもは単にトレードを教えているのではありません。



勝ち組となるべきトレーダーを作っているのです。



月30万くらい、、、生活さえできればいい、、、、、そんな低レベルの考えの方は受講しないでください。


億単位を手にして、夢を実現したい、発展途上国に学校を作りたい、人のために何かしたい、、、

そういう夢とロマンを実現する手段の一つとしてFXを本気で取り組んでみたい。

そういう方のみ受講してください。



くれぐれも、よろしくお願いします。




ご覧いただきありがとうございました。



為替・FX ブログランキングへ

迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------------










■MT4秒足表示の設定手順 → こちらからご覧ください。


■ZigZagによるストップ幅により見送り判断をする → こちらからご覧ください。


■個別にインジケーターを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイルを設定する → こちらからご覧ください。


■システムファイル稼動確認 → こちらからご覧ください。


■最新ver3のパラメーター → こちらからご覧ください。


-----------------------------------------------------
  このエントリーをはてなブックマークに追加    ← はてなブックマークお願いします。m(__)m