fx もみ合い、レンジを常に確認

人生に奇跡を起こしたい方のみ下記よりご登録ください。
確実に有益な情報のみお送りします。

■□■→ FXロウソクトレードで大逆転したい方はぜひご覧ください。
■□唯一、本物のトレード手法です。
■ぜひ、じっくり取り組んでみてください。

当ブログでは、トレードの本質をご紹介しています。
散乱する情報に惑わされず、本質を見抜き、ご自身の確実な糧としてください。

---------------------------------------------------------
売買サイン配信、サインツールをご希望の方は、下記よりお申込みください。

こちらからお願いします。

2017年

1月の成果は、+1760pipsです。

2月の成果は、+1470pipsです。

3月の成果は、+1725pipsです。

4月の成果は、+1110pipsです。

5月の成果は、+1400pipsです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
比べればわかるトレード手法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

gba.jpg

青、赤ラインの幅は任意のpips数です。

図は5分のポンドオージで、20pipsの幅に設定しています。

ポンドオージはスプレッドも広い方なので、20の幅では狭すぎる、と言えます。

最低でも30pipsは必要です。

新Rangeのパラメーターでは、5分でも15分でも、30~50の幅がお勧めです。

まず、この幅の中(青赤の間)で、売買すると往復ビンタの連続になる可能性大です。


往復ビンタになる理由は、この間は方向感のないもみ合いだからです。

デイトレの場合、トレンドフォローのような大きな利幅を狙うことは少ないです。

まずはボックス幅(青赤の幅)と同じpipsを狙います。(ポンド系の場合30pips目安)

上位足の方向も同じであれば50pips狙います。

4時間足が合致する時は週に2回ほどありますが、この時は100pips~狙います。

感覚だけで利幅を狙うことはありません。


今、現値はどの位置なのか?

①方向性が出てる最中にいるのか?(レンジブレイク後)

②方向性が出る間際なのか?(ブレイク直後)

③もみ合い中なのか?(レンジ内)



③をしないだけでも自然に利は残ります。

曖昧さや迷いが先行し、どうすれば勝てるのか?が本当にわからない場合、

まず、シンプルに③のトレードだけは止めてみてください。

ルール厳守など、するべきことをする前に、まずは、してはいけないことに専念してください。


自然に利が残ります。


2時間や3時間足は、Fxpro、AxioryのCtraderで見ることができます。

こちらが、人気の高いAxiory(アキシオリー)です。


使っている方が多く、安定感のあるブローカーです。
MT4お勧めの会社はこちらです。


枚数増は複数のMT4会社が必要になります。
こちらもお勧めの会社です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

日々、リアルに登場しているサイン(水色矢印)に強い信頼度を持ってトレードしてください。

sig1.jpg


迷いや混乱で、思うような成果が出ていない方は、抑えるポイントやルール外をしている方が99%です。
ルールやポイントを整理し、一日も早く安定した成果を継続したい方は、デイトレ、スキャル直接講習をご検討ください。ロウソク足単独でも相当なエントリー数と高勝率を証明しながら学んでいただきます。→



デイトレ、スキャルで成功したい方は、有益な情報を随時お送りしていますので、
是非、ご登録ください。こちらからお願いします。


-----------------------------------------------